商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/09/18 13:01

若い頃どうしてもシルバーでフェザーが作りたくて、独学で彫金を始めました。

私の住む街は田舎ですので、専用工具の入手が難しく近所のホームセンターでそれ風な工具を買って使用していました。

当時、関西方面の芸大に通う弟にお願いして、工具や銀材料を買ってきてもらったものは特に大切に使っていました。

今のようにネットでポチッすれば次の日に工具が届くということは考えられませんでした。


なんとなく最低限の工具がそろっても、まったく作り方が分からないので作ったものは全部失敗です。

ロウを削って作るロストワックスでは私の作りたいフェザーが出来ないということを、しばらくして気付いたので作り方を彫金に絞り、素材は近所で買えて銀とほぼ同じ感覚で使える銅板を使い練習をしました。
 
銀板は貴重品だったので自信がある時だけ使って、やっぱり失敗する感じでした(涙)


相当な失敗の中から原因を考えに考え、少しずつ今の作り方を見つけていきましたが、少しフェザーみたいな形が作れるようになっても、頭の中に描くイーグル フェザーとは別物でした。

このあたりから、ブルース・リー「燃えよドラゴン」のセリフ “Don’t think. Feel” に思考を変え、思い通りの形になるまで銅板でかなりの数を作りました。


結果として1番手間がかかると思ったものが、私にとって最適な作り方のようでした。

画像の銅フェザーは、そんな思い出深い練習作で残っている中の1番古いもので、当時の頭の中にあった理想形が今のシルバーフェザーです。



 

 

そんな私が20年以上かけて作り続けるシルバー フェザー、Lサイズのペンダントトップを、単なるアクセサリーとしてではなく日々の相棒としてお使いいただけますと幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

Instagramでも紹介していますので、BASEと合わせてフォローをよろしくお願いいたします。